「大家族で住むなら、立川市がおすすめなワケ」

東京都多摩地域にある立川市。
多摩地域の中心都市として、人口約18万人を抱えています。
JR中央本線、南武線、青梅線の3線が乗り入れる立川駅は乗車人数においても多摩地区最大といわれています。
オフィスビルや商業施設が建ち並び、人でにぎわう駅周辺。
うって変わって、住宅街は静かです。
一戸建てが多くみられる立川市の住宅街には、穏やかな時間が流れています。
犬の散歩をする老人や、ジョギングを楽しむ女性、学校帰りの子供たち。
老若男女が思い思いに過ごす様子は、平和そのものです。
窮屈な部屋、窮屈な人間関係に疲れていたら、立川市でライフスタイルを見直してみませんか。

■子供が多いと、都会暮らしは大変。立川市なら?
「都心の生活は何かと便利」と言われています。
果たして本当にそうでしょうか?
もちろん「駅近で、スーパーや学校が近い。」といったところなら便利なことは間違いありません。
しかし、都心のすべての場所がそうであるわけではありませんね。
「学校は近いけれど、スーパーが無い。」「静かだけれど、駅から遠い。」等、一長一短なのではないでしょうか。
また、都心で住むデメリットは「土地が狭い」ことです。
土地が狭いゆえに、多くの人は狭い部屋で生活せざるを得なくなっています。
こうした住宅事情が都会人のストレスになっているようです。
子供が多い家族なら、それはなおのことです。
立川市の新築一戸建ては、約3000万円~あります。
3LDKで駅から徒歩圏内です。
都心で同じ広さでこの値段という事はおそらくありえないでしょう。
広い一軒家なら子供たちが騒いでも、そこまで気にすることはなくなります。
子供たちものびのびと生活できるのではないでしょうか。

■おじいちゃん、おばあちゃんと同居。立川市なら?
高齢化が進むにつれて、親と同居する人も増えているようですね。
一緒に暮らせる家族が増えることは、喜ばしいことだと思います。
しかし、人が増えればそれだけトラブルが増える。
これは、人間社会の常のようです。
「家族仲が悪くなってしまった。」「気を使って大変。」等の話を聞きます。
都心の住宅事情がそういったことに拍車をかけているような気もしています。
立川市には、二世帯で住める4LDK~の新築一戸建てが約4000万円~あります。
駐車場付きや地下室付き等、部屋の間取りも種類も様々、充実しています。
親と同居するなら、広い家で家族が仲良く暮らせるよう、工夫してみませんか。
立川市でできること、はじめてみましょう。

立川市の新築なら!