お気に入り物件を内覧するときのコツ

 

東大和市の賃貸物件情報の中で、お気に入りの物件を見つけたら内覧を申し込むことをお勧めします。実際に自分の目で確かめてみないと分からないことはたくさんあるのです。ここでは、内覧する際のコツをご紹介します。

・掃除済みかどうか確認する

新築物件ではない限り、前に誰かが暮らしていたことになります。掃除が済んでいるといわれたのに水周りが汚い、エアコンの匂いが臭い、窓や網戸が汚いままというのは管理が行き届いていない証拠になります。掃除済みと言われているのに汚い場合は却下したほうがいいかもしれませんね。

・内観の傷やシミもあらかじめチェックしておく

自分が傷つけた覚えが無いのに、事前チェックを怠ってしまったことで傷の修理代を請求されてしまうという体験談がチラホラ聞こえてきます。この傷は元々あるもの、と立ち会った不動産屋さんや大家さんとしっかり確認してください。傷やシミなどはそのときカメラに収めておくといいでしょう。傷やシミを証拠として残すだけでなく、部屋の色んな場所を写真にとって残すことで、家に帰ってから間取りや広さを確認するためにも非常に役立ちます。カメラと一緒にメモ帳も持参するといいでしょう。気になったことや、不動産屋さんや大家さんと話したことをメモするときに役立ちます。

・洗濯機置き場や冷蔵庫を置く場所のサイズを測っておく

新しく買い換えるにしても、今使っているものを運ぶにしても、サイズが合うかどうか事前に確認しておきましょう。生活必需品ですから、いざ引越しが決まって運び入れたらサイズが合わなくて入らない、これではさすがに困ってしまいますからね。メジャーを持って行き、縦、幅、高さなどをはかってメモに残しておきましょう。

・内覧にビー玉を持参してみてください

これは部屋の傾きをチェックする際に必要になります。テレビ番組などでよく見かけることがありますよね。ビー玉を床において転がるかどうかチェックするのです。ビー玉がコロコロ転がって傾きが確認できた場合は、地盤がゆるいか、もしくは建物がゆるい証拠になります。問題のある物件であることは間違いなさそうなので、その物件の契約は考え直したほうがよさそうです。

・内覧は積極的に行動を

こんなことしたら迷惑かな、と遠慮する必要はありません。今回紹介した内覧の方法は引越し上級者なら誰もが実践していることです。契約を済ませて暮らし始めてから問題が発生しないための行動なので、ぜひ積極的に実践してくださいね。

東大和市の賃貸物件情報